月ビル オープンハウス

お知らせ, 建築 2012-10-25

このたび、設計監理を行いました「月ビル」が竣工します。
お施主様のご厚意により、オープンハウスを開かせていただくことになりました。
直前のご案内となってしまいましたが、もしご来場のご希望ありましたらこちらよりメールアドレスをご連絡ください。
詳しいご案内をお送りします。

「月ビル」は、駅前商店街の一角に建つ 7人+1匹のための住宅です。
住宅内のスペースのつながりと、街との関係がテーマとなりました。
地下から2階は、遮音性と蓄熱性を考慮した外断熱RC造の壁に護られ
空にひらける3階は、やわらかな素材感の木屋根に包まれています。
地下と最上階を結ぶサーキュレーターダクトと輻射冷暖房を組み込み
快適な住まいのための温熱環境づくりを試みています。

 

月ビル オープンハウス

日時 10月27日(土)13:00~17:30
交通 京王線 西調布駅 徒歩2分
構造 RC造一部木造
規模 地下1階 地上3階
敷地面積  89.84㎡
建築面積  58.80㎡
延床面積  195.67㎡

設計 田中幸子/オープンヴィジョン
構造 鈴木啓/ASA
設備 山田浩幸/Yamada Machinery Office
照明 Waterhole
施工 TH-1

現場見学会のお知らせ

お知らせ 2012-06-26

月ビルの上棟に合わせ、お施主さまと施工会社さんのご厚意により、
現場見学会を開催することになりました。
平日の短い時間となりますが、ご興味ございましたらぜひお立ち寄りください。
ご希望ありましたらこちらよりメールアドレスをご連絡ください。
詳細をご連絡いたします。

日時 6月28日(木) 13:00~17:00
場所 調布市
交通 京王線 西調布駅 徒歩2分

構造 RC造一部木造
規模 地下1階 地上3階
敷地面積 89.84㎡
建築面積 58.80㎡
延床面積 195.67㎡

設計 田中幸子/オープンヴィジョン
構造 鈴木啓/ASA
設備 山田浩幸/Yamada Machinery Office
施工 TH-1

建方完了!

お知らせ, 建築 2012-06-26

 

昨日、無事に月ビルの建方が完了しました!
ずっと模型で見ていた形が現れて。。でもその存在感はやはり別物。
実物でないと味わえないものですね。この家のアイデンティティになってほしいです。

写真の右奥に写っているのがお施主さんであり、大学の後輩でもあるKさん。
なんとなく恍惚としているような(笑)それとも朝早くからでお疲れの様子?
感慨もひとしおと思います。おつかれさまでした。
きっとそろそろKさんのブログにもアップされると思います。こちらにもどうぞ~。

今回は初めての試みのため、構造についても施工についてもひとつひとつ皆で最良の方法を考え確認するの繰り返し。でもその過程は不思議と全く心配がなく、とてもエキサイティングでした!
そして当日の職人さんたちの連携もお見事!気持ちいい現場でした。
ギリギリのところで雨も降らずに暑くもなくベストコンディション。

ひと安心の上棟です。

木屋根ユニット

建築 2012-06-24

 

月ビルの製品検査に行ってきました。
屋根の構造材です。想像を上回る存在感です。

このハの字に開いたソリッドな木板は、下に開くように立ててコンクリートの腰壁の上に乗せ、アーチのような屋根を作ります。これが1ユニットで計11ユニットが連なります。
ユニットひとつで約400Kg!もともとは標準的な木造で使用される120角の柱材からできています。繊維方向はホームコネクターという剛接合が可能な金物で接合、半径方向は長ボルトを使って接合しています。
工場であらかじめユニットを作り、現場にクレーンを使って吊り込みます。精度の確保と梅雨時期の建方として短時間で仕上げるためです。

なぜカタマリなの?と思われるかもしれませんね。できる空間の容積に対して構造材の体積が大きくて非効率的と。その一点で考えると「?」となってしまいますが、複合的に見るとその効果は大きいです。梁成を小さくできる(特に月ビルは階高を低く抑える必要がありました)、仕上げを兼ねられる、断熱性がある、そして最大のパフォーマンスは現れる空間が圧倒的に強い。もちろんこれは建て主の意向が一致しないと意味のない効果ですが、今回はとても楽しみにされているのでベストな選択だったと思っています。

明日が待ちに待った建方です。

会社設立のご挨拶

お知らせ 2012-05-02

突然のご報告となりますが、このたび一級建築士事務所オープンヴィジョンは、新たなメンバーである齋藤要を迎え、株式会社オープンヴィジョンとして法人化する運びとなりました。

これまでの8年間、数々の魅力的なプロジェクトに関わらせていただきましたこと、多くの精鋭な方々との協働の機会を頂戴しましたことを心より感謝いたしております。

齋藤はこれまで、住宅から美術館、オフィスビル、プロダクトの開発など幅広く建築設計に取り組んできました。その経験を活かし、事務所としての業務の幅を広げ、皆様の信頼に広く深くお答えできるよう倍旧の努力をいたす所存でございます。

今後とも一層のご指導ご鞭撻、お引き立てを賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

 

株式会社オープンヴィジョン
田中 幸子 + 齋藤 要

 

撮影におじゃましました

建築 2012-04-30

 

 

Sさんのご厚意で入居後の様子を撮影させていただきました。

テラスには、設計の最初からご希望だったハンモックがありました!
3人でかたまり(笑)になって戯れる、お父さん、Sくん、Rくん。

楽しそうでしょ~ とってもいい笑顔!
この笑顔にニンマリの一日でした。

ほかにもいろんなシーンを撮らせていただきました。
とってもいい感じの竣工写真になりましたよ。
ありがとうございました!

今回も撮影は、熊谷順さんです。
建物も人も自然な姿を捉えるのが上手な方です。おつかれさまでした!

そして、このファサードを彩るお庭は、品品の小林健二さんにお願いしました。
S邸の真っ白な壁によく映える、常緑の植物たち。
ひょろっと伸びるハイノキの枝がゆらゆらと風になびいてとても素敵なんです。

近々ページをアップします。どうぞご期待をー!

 

アンダーグラウンド

映画 2012-04-15

すっかり春になりましたね。
皆さま、今年のお花見はいかがでしたか?
オープンヴィジョンの事務所からは、和田掘給水所と羽根木神社の桜がよく見えます。
打合せテーブルでお昼を食べながら、毎日お花見。これはほんとに贅沢です。
ぜひ、お打合せは桜の時期をねらってお越しください。
もちろん、その後の新緑もよいですよー。

 

ちょうどそんな最中に目に飛び込んできた、
「アンダーグラウンド」の上映@下高井戸シネマ のお知らせ。
花爛漫ウキウキの春のいっぽうで、
新しいことが押し寄せてザワザワした気分になるのも春。
そのザワザワ感にぴったりの映画かもしれません。
これは必見!と、16年ぶりに観てきました。

期待を裏切らない面白さ!そして心身逆撫でされるような疲れる映画…。
戦争、冷戦、内戦と旧ユーゴスラビアの歴史と併走して進む、現実と虚構。
一度聞いたら忘れられないバルカンな音楽。ちょっとグロテスクで迷宮的な美術。
エゴイストで破天荒な主人公たちが繰り広げる始終にぎやかな展開。
悲哀と歓喜と怒りが入り混じる複雑な心情。
シリアスだけど喜劇で、そして不思議なおとぎ話。
混乱と、ものすごい勢いと、最後の突然の解放で… 胸いっぱい。
何の話かまったくわからないと思いますが(笑)ぜひおすすめです。

 

またしばらくサントラをヘビロテの毎日。

 

お引渡し

建築 2012-03-29

 

先週の土曜日は、等々力の家のお引渡しでした。

やっとロフトに落ち着く、ご満悦のSくん、Rくんをパチリ。
家中で驚きのやんちゃぶりをみせるふたりにこちらはハラハラし通し。。
そして、ロフトには落下防止の手摺が追加されることになりました。。

竣工おめでとうございます。
お引越しを終えて落ち着いたころに、また撮影におじゃまします!

 

S邸 オープンハウス

お知らせ, 建築 2012-03-10


「S邸」が竣工します。
お施主様のご厚意により、オープンハウスを開かせていただくことになりました。
もしご来場のご希望がございましたら、
webフォーム(ホームページaccess内)よりお知らせください。
詳しいご案内をお送りします。

「チームによる家づくり」の初プロジェクトです。
設計の初期段階から施工と連携することで、
デザインと工事の質を確保しながら、建設期間を圧縮しました。

 

S邸 オープンハウス

日時 3月17日(土) 11:00~17:00

構造 木造(SE構法)
規模 地上2階
敷地面積 88.35㎡
建築面積 52.73㎡
延床面積 88.10㎡

設計 オープンヴィジョン
施工 株式会社ホープス
作庭 品品 sinajina