六角橋の家

建築, 都市 2014-02-19

昨年着工した「六角橋の家」。
先日、建方が完了しました。

バス通りに面した木造3階建てです。
隣地の通路にも面しているので、角地のような開放感があって良い環境です。
こういう時は斜めの顔が重要になりますね。

そんな立地にふさわしい、まちに半分開く住宅になる予定です。
1階はキッチンを備えた土間になります。
客人を迎えるのが大好きなご夫婦のラウンジです。
奥様が食品関係のお仕事をされているので、料理好きな仲間が集まる機会が多いそう。
皆で作業台を囲んで料理をして食べたり、
ご自身の趣味の料理やパンの試作を行ったりするスペースでもあります。

そこに住む方々の顔が垣間見える住まいになりそうで、とても楽しみです。

「Thisispaper」掲載

お知らせ, デザイン, 2014-02-19

私たちのオフィスがある羽根木神社社務所が、Thisispaperというポーランドのウェブマガジンで紹介されました。
とても雰囲気のあるきれいなサイトです。われわれの記事はこちら

 

どんな方達が作っているのか気になって調べてみたら、同名の本を発見。
創刊号だそうー。デジタルとアナログ、両方展開していくようですね。
さっそく入手しました。

サイトと同様、選ばれているものや記事がどれも素敵でした。
そして何といっても写真がいい感じです。

1年ぶりに

お知らせ 2014-02-19

ごぶさたしておりました。。1年ぶりのブログアップ!

1年のあいだに、1つの住宅が建ち、1つの住宅と1つの集合住宅が着工し、1つの住宅と1つの集合住宅の設計が進んでいます。

私事ですが、なんと出産もありました!

息子も もう1歳です。

GOOD DESIGN GOLD AWARD

お知らせ, デザイン, 建築, 技術 2013-01-10

齋藤が、かねてより開発に携わっておりました、三協立山株式会社 三協アルミ社の
自然換気対応型カーテンウォール、サッシ [ARM-S@NAV(アームスアットナビ)]が
GOOD DESIGN AWARD 2012 の金賞を受賞しました。

→ 受賞ページはこちら
→ ARM-S@NAVの詳細はこちら

方立てに組み込まれた「ウインドグラブ」によって
FIX窓においても自然換気が実現できるカーテンウォールサッシです。

 

OT・PTのための住環境整備論

お知らせ, 建築, 2013-01-10

武蔵村山の家が「OT・PTのための住環境整備論」に事例として掲載されました。
リハビリテーションの専門家である、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)の方々へ向けて、在宅医療における住環境整備の進め方を示した書籍です。
「住まいのバリアフリーコンペティション2010」でK邸を最優秀賞に選んでくださった野村歓先生の著作です。事例として推薦していただきました。

月ビル オープンハウス

お知らせ, 建築 2012-10-25

このたび、設計監理を行いました「月ビル」が竣工します。
お施主様のご厚意により、オープンハウスを開かせていただくことになりました。
直前のご案内となってしまいましたが、もしご来場のご希望ありましたらこちらよりメールアドレスをご連絡ください。
詳しいご案内をお送りします。

「月ビル」は、駅前商店街の一角に建つ 7人+1匹のための住宅です。
住宅内のスペースのつながりと、街との関係がテーマとなりました。
地下から2階は、遮音性と蓄熱性を考慮した外断熱RC造の壁に護られ
空にひらける3階は、やわらかな素材感の木屋根に包まれています。
地下と最上階を結ぶサーキュレーターダクトと輻射冷暖房を組み込み
快適な住まいのための温熱環境づくりを試みています。

 

月ビル オープンハウス

日時 10月27日(土)13:00~17:30
交通 京王線 西調布駅 徒歩2分
構造 RC造一部木造
規模 地下1階 地上3階
敷地面積  89.84㎡
建築面積  58.80㎡
延床面積  195.67㎡

設計 田中幸子/オープンヴィジョン
構造 鈴木啓/ASA
設備 山田浩幸/Yamada Machinery Office
照明 Waterhole
施工 TH-1

現場見学会のお知らせ

お知らせ 2012-06-26

月ビルの上棟に合わせ、お施主さまと施工会社さんのご厚意により、
現場見学会を開催することになりました。
平日の短い時間となりますが、ご興味ございましたらぜひお立ち寄りください。
ご希望ありましたらこちらよりメールアドレスをご連絡ください。
詳細をご連絡いたします。

日時 6月28日(木) 13:00~17:00
場所 調布市
交通 京王線 西調布駅 徒歩2分

構造 RC造一部木造
規模 地下1階 地上3階
敷地面積 89.84㎡
建築面積 58.80㎡
延床面積 195.67㎡

設計 田中幸子/オープンヴィジョン
構造 鈴木啓/ASA
設備 山田浩幸/Yamada Machinery Office
施工 TH-1

建方完了!

お知らせ, 建築 2012-06-26

 

昨日、無事に月ビルの建方が完了しました!
ずっと模型で見ていた形が現れて。。でもその存在感はやはり別物。
実物でないと味わえないものですね。この家のアイデンティティになってほしいです。

写真の右奥に写っているのがお施主さんであり、大学の後輩でもあるKさん。
なんとなく恍惚としているような(笑)それとも朝早くからでお疲れの様子?
感慨もひとしおと思います。おつかれさまでした。
きっとそろそろKさんのブログにもアップされると思います。こちらにもどうぞ~。

今回は初めての試みのため、構造についても施工についてもひとつひとつ皆で最良の方法を考え確認するの繰り返し。でもその過程は不思議と全く心配がなく、とてもエキサイティングでした!
そして当日の職人さんたちの連携もお見事!気持ちいい現場でした。
ギリギリのところで雨も降らずに暑くもなくベストコンディション。

ひと安心の上棟です。

木屋根ユニット

建築 2012-06-24

 

月ビルの製品検査に行ってきました。
屋根の構造材です。想像を上回る存在感です。

このハの字に開いたソリッドな木板は、下に開くように立ててコンクリートの腰壁の上に乗せ、アーチのような屋根を作ります。これが1ユニットで計11ユニットが連なります。
ユニットひとつで約400Kg!もともとは標準的な木造で使用される120角の柱材からできています。繊維方向はホームコネクターという剛接合が可能な金物で接合、半径方向は長ボルトを使って接合しています。
工場であらかじめユニットを作り、現場にクレーンを使って吊り込みます。精度の確保と梅雨時期の建方として短時間で仕上げるためです。

なぜカタマリなの?と思われるかもしれませんね。できる空間の容積に対して構造材の体積が大きくて非効率的と。その一点で考えると「?」となってしまいますが、複合的に見るとその効果は大きいです。梁成を小さくできる(特に月ビルは階高を低く抑える必要がありました)、仕上げを兼ねられる、断熱性がある、そして最大のパフォーマンスは現れる空間が圧倒的に強い。もちろんこれは建て主の意向が一致しないと意味のない効果ですが、今回はとても楽しみにされているのでベストな選択だったと思っています。

明日が待ちに待った建方です。